<   2005年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

くりはら田園鉄道・栗駒駅

 廃止が決まっている私鉄、元・栗駒電鉄、今はくりはら田園鉄道という。改称した理由の一つは、観光需要の開拓を狙ってだろうが、それ以上の理由は「電鉄」をはずさなければならなかったかららしい。乗客減などのため、電車から気動車への置き換え、つまり電化の逆、非電化が行われたから。

 そうして減量経営をしても、もはやこういった地方の鉄道は経営が成り立たず、ここも廃線が決定したとのこと。これも時代の流れで仕方ないとはいえ、かつてそれなりの栄華を誇った筈の地方鉄道。その現在の姿はというと・・・

 まず起点の石越駅、東北本線の駅だが、思ったより小さく寂しい駅であった。東京から仙台や一ノ関までは、新幹線であっという間なのに、そこからが遠い。仙台乗り換えで普通に乗ると、小牛田で停車時間もあり、仙台~石越が、東京~仙台と、所要時間であまり変わらないという現実。今や東京から仙台などあっという間だが、石越となると、東京からかなり遠いのだ。この鉄道は、その石越で乗り換えてそこからまた奥地へ入る私鉄なのだ。そうかといって沿線はそこまで過疎化が進んでいるわけではなく、ササニシキの産地で水田が多いものの、人家もそれなりにある。終点近くで山が迫り、勾配がちょっと急になるものの、際立った秘境があるわけでもない。要するに地味な私鉄と沿線なのである。


e0028292_521874.jpge0028292_53653.jpg


 栗駒駅は、この線屈指の主要駅で、駅員もいる。立派で大きな駅舎があり、多くの乗降客で賑わった時代もあったのだろう。駅待合室で使われているベンチが、実に凄い時代物。廃線の後、アンティーク屋に高値で売れるのでは、なんて不遜なことも考えてしまった。駅前広場も立派で、バスやタクシーが出ており、一応の商店街もある。

 けれどもやはり、かなり乗客は少ない。これが民間企業の経営とあれば、存続は無理だろう。地方では、鉄道の利用者は、一昔前に比べて着実に減っている。残念だが、仕方ない。


e0028292_533513.jpge0028292_535418.jpg


 駅からすぐの「みちのく風土館」で「くりでんの歴史展」をやっていた(2005年10月31日まで・火曜定休)。鉄道誘致・建設の時代から現代までの歴史が、数々の遺品とともにわかり、興味深かったが、見学者も殆どなく、ここでもまた寂寥感を抱いてしまった。
[PR]
by railwaytrip | 2005-06-27 14:40 | 東北地方

福塩線・中畑駅

 広島県東部を南北に縦断する福塩線(JR西日本)は、地味ながら味わい深いローカル線である。格別の印象に残るものもなく、廃止が危惧されるほどの超ローカル線でもない。ならば中途半端で面白くないか、これは感じ方に個人差があると思うが、私は個人的にとても好きな線なのだ。

 もっとも、福山~府中間は都市近郊鉄道のようで、最近は沿線に近代的な建物も増えたし、車輛も通勤型ロングシートが主流ということもあり、実はあまり頻繁に乗りたくない区間である。山陽新幹線で移動中に時間が少し余った時、ちょっと乗ってみたいと思っても、府中より先まで行かないとこの線の魅力が味わえず、その福山~府中間の往復の時間がちょっとネックなのである。

 この日は岡山での用事までの間に、この線の途中まで足を伸ばすことができた。府中から乗った三次行が、上り列車と交換するのが備後矢野であるから、その一つ手前の備後三川まで行くこともできたが、私は中畑を選んで降りてみた。中畑は府中から僅か2駅、府中市郊外に属するので、普通ならあまり面白そうな所ではないと想像するであろう。

 しかしこの中畑は、福塩線全駅の中でも一番、寂しい駅ではないかと思う。もとより全く人家がないような場所ではない。けれども府中の街を過ぎて、狭くなった芦田川が線路に寄り添い、そのほとりにポツンと存在する、単線の小さな無人駅は、ここを通るたびに気になっていた。

 ちなみに、もし中畑を下車駅に選ばなかったら、その次の河佐か、備後三川を選んだことになる。これら2駅の駅周辺は、福塩線の中でもそれなりの集落を形成している、一応の町である。そういった山峡の町を訪問するのもそれはそれで面白かろうと思ったのだが、今回は、自然溢れる中畑に軍配を上げた。実はもう一つ、昔は河佐と備後三川の間に八田原という駅があった。残念ながらここはダムに沈んでしまい、駅は廃止となり、線路も付け替えられて長い隧道で抜けてしまっているのである。八田原が健在であったならば、恐らくこちらを選んで降りていたと思う。


e0028292_5124771.jpge0028292_5135668.jpg


 下り三次行で中畑で降りたのは、私の他に一人のおばさん、上り府中行に中畑で乗車したのは、私の他に一人のおばさんと、あと土曜にもかかわらず、きちんとスーツにネクタイ姿の中年のおじさんも一人。という具合に、利用者が皆無に近い駅ではない。確かに少ないものの、駅周辺にも住宅は散在しており、さらに山の中腹にもまとまった集落が見られる。駅を降りてすぐ、芦田川を渡る橋があり、国道に通じている。そう、この駅は川を隔てて国道の対岸にあるのが良く、それゆえの静寂感がある。国道側にも同じ「中畑」という名のバス停があったが、あちらも本数が少ないようであった。


e0028292_5143113.jpge0028292_5144456.jpg


 もう一つ印象的だったのが、草に埋もれた廃便所(写真右上)。かつてはもう少しきちんとした駅前があり、これが駅のトイレだったのだろうか。今はホームの少し下の方で草に埋もれており、無理して行こうと思えば行けないこともないが、とても使用する気にならないであろう。恐らくもう使われなくなってかなりの年月が経っているものと思われた。
[PR]
by railwaytrip | 2005-06-25 08:30 | 中国・四国地方

東武日光線・北鹿沼駅

 東武鉄道のサイトによれば、この駅の一日の乗降客数は90人で、東武全駅中の最下位であり、乗降客数100人未満の唯一の駅でもある。名鉄では最近、この人数規模の駅2駅を廃駅にしている。さてどんな所か、期待高まる。

 人家も稀な寂しい駅を期待していたが、思ったほどではない。駅前にも人家がそこそこあり、駅の跨線橋から新鹿沼方面を見ると、丘の中腹に結構びっしりと住宅も。但しあのあたりの住人は恐らくこの駅は利用していないだろうが。


e0028292_091865.jpge0028292_094937.jpg


 勿論無人駅で、古びた木造駅舎の味わいが良い。昔は駅員がいて切符を売っており、改札口で鋏を入れていたわけで、その名残の一つ一つが良く残されている。さらに、駅舎の隣に離れのような、これまた木造の古いトイレ(写真右上)。中も汲み取り式で、考えてみればこういったトイレ、昔は珍しくなかったけど、今ではこれも希少価値かもしれない。

 駅のすぐ近くの雑貨屋が、切符の委託販売所となっていたが、その店が最近休業か廃業したらしく、実際、シャッターが閉まっていた。そのため、駅には「切符は車内でお求め下さい」との割と新しい貼り紙があった。


e0028292_0103044.jpge0028292_0105244.jpg


 この区間の東武鉄道は、日中の普通列車は1時間に1本の運転で、2輛編成の短い電車が僅かな客を乗せて行き来している。北千住方面でみる姿とは違う、ローカル線としての東武鉄道の姿がここには見られる。
[PR]
by railwaytrip | 2005-06-20 13:20 | 関東地方