<   2005年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

南海高野線・岸里玉出~汐見橋

 都会の中のローカル線として、近年知られつつある線区の一つが、通称汐見橋線。正式には南海高野線の一部区間なのだが、高野線の全ての列車が難波発着になって久しく、この区間は完全な枝線のようになっている。

 私事に渡るが、私はその昔の1980年代の一時期、堺市内に住んでいたことがある。大阪市内からの帰宅ルートとしては、阪和線と南海高野線があり、場合により使い分けていた。高野線で帰る時は、当然、難波からの乗車が多かったが、たまに気分を変えて、わざわざこの線を選んで乗っていたものだ。その当時の記憶でも、夕方ラッシュ時でさえ空いていたように思うが、詳しいことは覚えていない。

 しかし最近は、ますます乗客減が進んで、殆ど取り残されたようになっていると聞き、久しぶりに乗ってみることにした。南海沿線に行った後、心斎橋に用事があったのだが、岸里玉出から汐見橋へ、そしてそこからは心斎橋まで歩いてしまった。

 まず、今はこの区間は30分に1本という少なさなので、時刻表を調べずに岸里玉出で乗り換えようとしても、えらく待たされる恐れがある。幸いなことに、数分後には発車ということがわかる。写真左下は、南海本線のホームから見た2輌編成の汐見橋線である。


e0028292_8482242.jpge0028292_8485287.jpg


 乗り換えてみると、案の定というか、ガラガラで、2輛の乗客は10人程度。発車してみればどうということなく、複線の普通の線路で、沿線も住宅が密集している。最初の駅、西天下茶屋で早くも数名が降りる。次の津守では、一人の初老のおじさんが乗ってきたが、その人はその次の木津川で降りてしまった。木津川(写真右上)は、この線でも最も利用者が少ない、都会の中のローカル駅としてマニアに知られつつあり、私も次は降りてみたいと思っている。しかしこの一駅乗車のおじさんは、どういう用事で利用しているのだろう。コンビニの袋を持っていたから、もしかすると電車に一駅乗って買い物に行ったのだろうか、つまりこの寂れた木津川駅周辺には日常の食糧を買うようなお店がないのだろうか・・・想像だけなので、わからないが。

 そして、環状線の芦原橋に近い、芦原町に停まると、環状線をくぐり、次が終点の汐見橋である。終点で降りた乗客は6、7人であった。


e0028292_8552466.jpge0028292_8554119.jpg


 この汐見橋駅は、この日の私にとっては、乗ってきた電車の終点だが、通称汐見橋線、正式には高野線の起点駅である。環状線内にある私鉄のターミナルとして、これほど寂れた駅は珍しいとされている。レトロな昭和30年代の地図が、わざとなのか、撤去するのが面倒だからなのか、駅構内に掲げられている。恐らく特に撤去せず放置しておいた結果、骨董品的価値が出てきて、ある時点でこのまま残そうということになったのであろう。

 そんな面白い駅だが、駅舎の外観は格別の味があるわけではない。駅を出れば特徴も薄い大阪市内の場末の道路である。歩いてすぐ、地下鉄千日前線の桜川駅があるが、桜川と汐見橋を乗換駅としても、汐見橋線の途中駅に用事がある人しか利用しない現状ではあまり意味がないので、あえて乗換駅としていないようである。

 乗り通しただけだが、面白かった。近いうちに途中駅にも下車してゆっくり沿線を探訪してみたいものだ。
[PR]
by railwaytrip | 2005-11-26 15:47 | 近畿地方

上海~蘇州

 十数年ぶりの上海。聞いていた通りの街の変貌ぶりに驚きながらも、それが全てではなく、昔と変わらない部分もまだ沢山残っていることも知る。当時はなかった地下鉄に乗って、上海火車站下車。火車とは中国語で列車のことで、蒸気機関車から来ている言葉であろう。昔はそれが中国に似合っていたし、実際、田舎に行くとまだ蒸気機関車が普通に見られたが、今のモダンな上海からはちょっと違和感を感じる。でも言葉はそういった時代の変化を超えて生き続ける。日本は「汽車」が「電車」に取って変わったが、「火車」という言葉は中国では時代を超えて使われ続けそうだ。

 その火車駅前に立つと、さっきまで見てきたモダンな上海とは違う、一昔前の中国も健在であった。いかにも田舎から出てきた風体の、大きな荷物をいくつも担いだ人などでごった返している。そして切符売場には長蛇の列。といっても、昔よりは随分と良くなっている。昔はもっと列が長く、しかも割り込みなどが当たり前で、よほどずうずうしくならないと、駅で切符など買えなかった。今は列車ごとの空席有無の電光掲示板などもあり、それなりには進歩しているのであった。


e0028292_558169.jpge0028292_5582161.jpg


 折角久しぶりの上海だが、短期訪問で、まとまった自由時間は今日だけなので、ちょっと汽車に乗って地方にも出てみたい。でもいきなり駅に行って切符など買えるだろうか。是非とも行かねばならぬなら、何としても切符を買わねばならぬが、そうでもないのに、昔のように、意地でも切符を手に入れるぞというパワーもない。しかも、1時間以内に出る列車は満席が多い。この上海駅前の風景を見るだけでいいかな、と考えながら、しばらく駅前をうろうろしていた。

 と、駅舎に向かって左手、地下鉄の出口からは遠い方なのだが、そこに軟座・軟臥専用の切符売場と待合室があるのを発見。つまり一等専用である。そこはガラガラで、切符を買っているお客は一人しかいなかった。汽車に乗るとしても、もとよりそんなに遠い所に行くつもりはなく、短距離ならむしろ中国人民の体臭漂う普通車を体験したかったのだが、切符を買う面倒を考えると、軟座なら楽そうだ。しかも運賃は日本などに比べると非常に安く、気にするような金額ではない。軟座専用切符売場は係員の愛想も良く、1時間後に出る列車で蘇州まで、そして蘇州で2時間滞在して上海へ戻るという軟座の切符が難なく買えた。夜は上海で約束があるのだが、それにもちょっと余裕を持てそうな、理想的な時間帯だった。蘇州は前にも行ったことがあり、懐かしいものの、特に目的も見たいものもあるわけでなく、ただぶらぶらするのなら2時間は手頃だ。

 地下鉄は先進国と変わらぬ感覚で乗れるのだが、中国で汽車に乗るのはまだ大ごとらしい。上海の駅が特に大きく、人が多いからかもしれぬが、まず最初の改札を入ると荷物検査がある。だだっ広い構内も人でごった返している。そして各ホームへの入口にまた待合所がある。そしてホームへ入るのにまた切符のチェックがある。これではまるで飛行機に乗る手順ではないか。とにかくそういう構造のため、早めに構内に入ったところで、あちこちのホームに降りて見物したり写真を撮ったりすることはできない。


e0028292_5585465.jpge0028292_5592134.jpg


 乗る列車は軟座専用列車で、無錫行き。途中は昆山に停車して蘇州までほぼ1時間。中国の軟座つまり一等車は、最近の日本の特急の普通車程度の設備と居心地であった。人口過密で輸送力不足の中国ではまだ仕方ないだろうし、中国の中では軟座専用列車は特別な列車なのだろう。ホームの雰囲気にもゆとりがあり、各車両の入口のドアごとに、女性服務員が立って客を迎える。笑顔の愛想はないが、不親切というわけでもない。少なくとも昔よりはだいぶ良くなっている。

 発車してしまえばどうということはない普通の列車だ。しばらくは上海の街並みを抜けるが、段々と郊外に、そして田園地帯になる。しかしこのあたりは広い中国の中でもトップクラスの外国企業進出地。しばしば新しい工場などが車窓を横切る。昔の車窓がどうであったか、定かな記憶はないが、建物の新しさでもわかる。とはいえ、田園地帯はまだしっかり残り、この上海一時間圏が工場で埋め尽くされてしまうようなことにはならなそうだ。

 途中は昆山に停車、この列車が無錫行という短距離列車だからかもしれないが、一駅の僅かな乗車で軟座から降りる人もそれなりにいるが、乗ってくる方が多い。でも軟座は立席を売らないらしく、立ち客はいない。座席はほぼ満席で、最近の日本なら「今日は混んでいる」と不機嫌になりそうだが、中国の水準ではこれは非常に快適な旅行なのだろう。乗客の身なりその他は特に良くも悪くもなく、軟座の運賃を気軽に出せる富裕層が十分にいることがわかる。


e0028292_5595890.jpge0028292_601592.jpg


 そして蘇州についた。大きく立派な駅だ。かなりの乗客がここで降りた。蘇州といえば風光明媚な観光地でもあるが、軟座専用にもかかわらず、この列車から降り立った客に観光客っぽい人は少ない。駅を出ると、やはりというのか、客引きが寄ってくる。結構しつこい。


e0028292_60493.jpge0028292_6141.jpg


 蘇州といえば、運河が縦横に街を巡っており、十数年前はまだ手漕ぎの舟が多く、その情緒だけでも簡単に絵になる写真が撮れたものだった。流石に今はそういう舟は見られなかった。時たま行き交う観光船も荷物を運んでいるような船も、当然にエンジンがついている。しかも残念ながら天気が悪くてどんよりしており、絵になるようないい写真は撮れそうにない。それでもしばらく街を歩き、市場なども見て、2時間の散歩を堪能し、夕方の軟座列車で上海へ戻った。戻る列車は夕方のせいか、軟座には西洋人観光客の姿も目立った。
[PR]
by railwaytrip | 2005-11-09 13:15 | 中華人民共和国

ふるさと銀河線・大誉地駅

 元国鉄池北線。北海道で唯一、第三セクターで残ったふるさと銀河線だが、その後も沿線の過疎化が進み、ついに2006年4月、廃線となることが決まってしまった。


e0028292_3403130.jpge0028292_341248.jpg


 大誉地(およち)はそのふるさと銀河線全線140キロのうち、ほぼ半ば、足寄町内にある駅である。かつてはそれなりに大きな集落で、乗降客も多かった。今もある程度の住人はいるが、鉄道利用者としては微々たるもの。駅前集落もわびしさが漂っていた。


e0028292_3421063.jpge0028292_3422338.jpg


 大誉地は昔からの味のある駅舎も残り、この線内の駅でも比較的話題になることが多い。現に私がここで列車を待っている間も、札幌ナンバーの車がやってきて、駅の写真を何枚も撮って去っていった。その昔はちゃんと駅員がいて、小荷物の扱いもあり、それなりの利用者がいた時代があったことは、当時からの駅舎が物語っている。そして冬は北海道でも特に寒いこの地域、吹雪の中を歩いて駅にたどりついた時、待合室にはストーヴの火が入っていた。そんな時代がそれなりに長く続いたが、やがて無人駅となり、それすら維持できない時代になってしまった。


e0028292_3434012.jpge0028292_3434958.jpg


 今、あちこちの痛んだ古い駅舎を見ても、現代から取り残されたの感は否めないが、それにしても何という味のある駅だろうか。ホームの電燈一つからも、そこはかとない懐かしさが感じられてしまう。


e0028292_35168.jpge0028292_3511953.jpg


 駅周辺を歩いてみる。ここはまだゴーストタウンにはなっていない。ある程度、生活のにおいがする。十勝平野の北端、農業も盛んな地域だ。紅葉が綺麗な季節。秋の爽やかな風の中、しかしやはり何となく寂しさを感じてしまった。ほどなく厳しい冬がやってくるのだ。


e0028292_353671.jpge0028292_3533185.jpg


 少ない乗客を乗せて、単行の列車がやってきた。残念ながらこの大誉地での乗降客は私の他にいなかった。廃線まであと半年。

※ これは2005年11月1日の訪問記録です。その後、ふるさと銀河線は、予定通り2006年4月20日をもって全線廃線となってしまいました。
[PR]
by railwaytrip | 2005-11-01 09:00 | 北海道地方