<   2006年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

飯田線・小和田駅

 天竜川中流域の険しい渓谷地帯を、川に沿って縫うように走っているのが飯田線。さらに上流に行くとおだやかな伊那谷になるのだが、このあたりの中流域では、それが嘘のような険しい地形が続いている。ダムも多く、かつて、そのダム建設による集落移転や線路の付け替えなどもあり、昔と比べても沿線住人は減っている、過疎地帯である。

 そんな区間にある駅の一つが、ここ小和田駅。列車交換もできる相対ホームをもった駅だが、今や信号場に格下げしてもよさそうなぐらいに、駅の利用者は少ないという。飯田線のこのあたりには、他にも利用者が殆どいなくなってしまった駅がいくつかあるが、その中にあって、ここは列車交換のできる立派な駅であり、ホームだけの停留場ではない。そして今や貴重となった木造駅舎も健在である。

 上り列車で降りてみる。もちろん他に乗降客はいない。車掌が、下車客がいるのに驚いて切符を回収に走ってきた。列車が大嵐方の隧道へと去ってしまうと、人影ひとつなく、静寂があたりを支配する。

 いい駅である。狭い相対ホーム、構内踏切と木造駅舎。ホームから見える天竜川。線路は両側が隧道。それだけで、人家も何もない。駅前には使われなくなった飲料の自動販売機が放置されている。勿論稼動していない。


e0028292_5574059.jpge0028292_635926.jpg


 この駅は、駅前に車の乗り入れができない。今どきこういう駅も珍しい。駅周辺に人家がなくても、車が停められれば、車でやってきて列車を利用する人がいる。ここはそれも不可能で、駅を出るといきなり天竜川に向かって狭い坂道がころげ落ちていくばかりだ。まるでハイキングコースの山道に出たかのようだ。


e0028292_5582457.jpge0028292_62435.jpg


 その坂をちょっと降りた所に、小さな展望台のようなスペースがあり、そこに妙なベンチがあり、その両側に折りたたみの椅子が3脚ほどあった。このベンチは二人用で、何と大きな赤い字で「愛」と書いてあり、その上下には「小和田発ラブストーリー」「お二人の幸せを呼ぶ椅子」と書いてある。これは一体何かというと、皇太子妃雅子様の旧姓が小和田(おわだ)だったため、そのご成婚の時、この小和田(こわだ)駅がそれにあやかって大賑わいになったのだそうで、その際に作られたものだそうだ。その時はこの人里離れた無人駅が大賑わいになったという。そういう物好きが数名程度いるなら話はわかるが、その程度では済まない大量の人がこの駅を訪れたというから驚く。それにしてもこの椅子、誰が座るのだろう。かつて訪問者が多かった頃は、ここにカップルが座って記念写真などを撮っていったのであろうか。そんないっときのブームもとうに去り、今は訪問者もめったにいない寂しい駅に戻っている。

 下りホームには、三県境界の駅ということで、静岡県、愛知県、長野県を指し示す木製の標識が立っている。そういう場所なのだ。実際には小和田駅は静岡県に属するが、次の駅、中井侍は長野県になる。驚くのは、最近の市町村合併で、ここが浜松市に編入されたことだ。こんな山奥が浜松市だと言われても誰もピンとこないであろう。


e0028292_625799.jpge0028292_641966.jpg


 古い駅舎は、よくぞ残ったという感じである。安全上の問題もあり、取り壊されるのも時間の問題かもしれない。その駅舎にくっついている古い駅名標も実に味がある。対照的にホームにはJR東海の標準仕様の駅名標が設置されている。いくら乗降客が少なくても、駅である以上、全ての駅に標準の駅名標を設置するのが、分割民営後のJR東海のポリシーらしい。


e0028292_644558.jpge0028292_65815.jpg


 そんな観察をしているうちに、隧道の奥から光が見え、下り岡谷行の列車がやってきた。乗降客は当然、私一人だ。
[PR]
by railwaytrip | 2006-10-19 16:05 | 中部地方

近鉄大阪線・三本松駅

 私鉄らしからぬ長大幹線、近鉄大阪線。東半分は山岳地帯も多く、車窓の変化も楽しい。大阪上本町から奈良盆地南部を貫き、大和三山を眺めて桜井を過ぎるとやがて山峡に入る。知らなければもはや大阪の通勤圏も果てたかと思える。榛原を過ぎ、一駅の距離が俄然長くなるあたりでは、急行なども各駅停車になる。だが、その先、三重県に入ったあたりに名張、桔梗が丘といった住宅地があり、かなりの人が大阪まで通勤しているという。

 そういう日常利用者も、そしてたまに乗る人も、恐らく下車したことのある人は珍しいと思われる駅の代表が、奈良県最後の駅、三本松ではないかと思う。このあたり、急行は各駅停車になっているが、そのひとつ上の区間快速急行というのが、榛原以東では三本松のみ通過している。こういう駅があると、どういうところであろうかと、気になってしまう。車窓から見ても人家も少ない山峡にある小さな駅である。 通るたびに気になっていたが、このたび桔梗が丘へ行く途中に少し時間ができたので、途中下車をしてみた。


e0028292_0333726.jpge0028292_0335317.jpg


 三本松は、山の中腹にある相対ホームの駅である。進行左手は山、右手に谷が開けている。一番大阪寄りに構内踏切があり、小さな駅舎がある。するっと関西が導入されているので、自動改札機や自動精算機があり、駅員もいるが、下車した客は僅かであった。とはいえ、大都市近郊私鉄の水準としては少ないものの、下車そのものを駅員に珍しがられたり、奇異な目で見られたりするような田舎の駅ではない。休日にはハイキングの客も観光客もいるであろう。

 ここは元々、隣の室生口大野とともに室生村であったが、2006年1月1日、榛原町その他との市町村合併で宇陀市となった。旧室生村の中心は、隣の室生口大野駅のある大野地区であろうか。

 駅前には商店が1軒。あとはこれといって何もなく、狭い道を谷へと下りてゆくと、やがて国道に出る。この国道右手に道の駅宇陀路室生ができている。かつてこれが無い頃は、もっとひっそりした山村だったのだろう。道の駅のせいで、そこまで田舎という気がしなくなるが、周囲は田園が広がっている。


e0028292_035340.jpge0028292_0354253.jpg

 橋がある。流れているのは宇陀川で、水は綺麗だ。大阪から1時間、やはり別天地である。この川は、何となくこれより奥の青山峠の方から流れてきているのかと勝手に思ってみたが、逆で、名張方面へ流れている。後で調べてみると、水源は榛原の南の大宇陀の山の中で、名張から名張川と名を変えて北上し、ぐるりと円弧を描いて今度は西へ向かい、月ヶ瀬、木津などを通って木津川とまた名を変え、田辺などを通って最後は樟葉のあたりで淀川に合流し、大阪湾に注いでいるのである。この上流には室生ダムがある。

 このあたりから見る駅は、いかにも山肌にへばりついている感じで、その昔は難工事だったのかもしれない。この区間の開通は昭和5年で、当初より高速鉄道を想定していたため、ローカル線のように川の流れに沿って急カーヴを繰り返すような設計はしていないのであろう。


e0028292_0413164.jpge0028292_0444011.jpg


 駅に戻る。大阪方面から延々と走ってきた、青山町行の急行がやってきた。こんな山深い地なのに、乗客も結構乗っているし、お客の身なりが都会風なことで、田舎のローカル線とは違う、近鉄の大幹線であり、大阪への通勤路線でもあることを改めて思う。ここ三本松駅で見る限り、そのギャップが面白いと思う。
[PR]
by railwaytrip | 2006-10-08 10:45 | 近畿地方