Mordrup Station

 ここはデンマークの首都コペンハーゲンから少しばかり北上したあたり。コペンハーゲンから北への線路は、途中のHellerup(ヘレルプ)で2本に分かれ、1本はHillerod(ヒレレド)へ、もう1本は港町Helsingor(ヘルシンゲル)へと至る。そのHellerupは、日本で言えば国電区間の終点みたいな駅だが、そこから先も、コペンハーゲン直結の幹線だけに、それなりに長い編成の列車が比較的高頻度で走っている。

 そのHillerodとHelsingorとを結ぶ線となると、コペンハーゲンへ直結しないローカル線となる。その中間、Helsingorに近い側にある駅の一つが、ここMordrup(メルドルプ)駅だ。単線のローカル線だが、そうは言っても日中30分毎に運転されており、東京で言えば相模線あたりに相当する。けれども風景はかなり長閑で、純農村地帯という感じになる。そう、しいて言えば札幌郊外だろうか。高緯度のデンマークだけに、雰囲気的にもそれが比較的近い。


e0028292_2191378.jpge0028292_21113588.jpg


 この駅は単線だが、踏切を挟んで、上り方向と下り方向と、ホームが別々にある。これは結構珍しいと思う。どちらも、列車は踏切を過ぎた後でホームに停車するのである。これは恐らく、踏切遮断時間を長くしないための配慮かと思われるが、その踏切も、心配するほどの交通量はなかったのであるが・・・

 ホームの目の前が小さくて小綺麗な牧場で、牛や馬がいた。日高本線にもこんな駅があったような気がする。

 列車を待つ若い女性が一人、カメラを持ってホームをうろうろする一人の東洋人を、うさん臭げに見る。これはデンマーク人の典型的な反応だろうか。国によってはもっとフレンドリーに、ハローとか声をかけてくるものだが、このあたりからも、国民性を感じ取ることはできる。彼らは決して不親切とか無愛想というわけではないが、欧州の中でも北欧は個人主義観がかなり発達しているという印象がある。


e0028292_21122523.jpge0028292_21131678.jpg


 デンマークの主要路線の鉄道車輛は、殆どが同じで、ゴムを巻いたような黒い車輛で、個人的には今ひとつ好きになれない。けれども、こういうローカル線に行けば、古くて味のある車輛が使われている。ここは車内も空いていて、長閑な旅を楽しむには良い。コペンハーゲンからもさほど遠くないので、何かで時間が余ったら、このあたりにちょっと足を伸ばしてみては如何かと思う。
[PR]
# by railwaytrip | 2005-05-13 09:20 | デンマーク

North Woolwich Station

 テムズ川南岸のロンドン郊外、グリニッジより少し東にある、BRのWoolwich Arsenal 駅は、ロンドン郊外のゾーン4にあり、まあまあ賑わっているといった感じの駅だ。ここから、歩行者天国の商店街を抜けると、レジャーセンターなどのある河岸に出る。

e0028292_2411715.jpge0028292_2413075.jpg


 ここには、テムズ川の下をくぐって北岸に出る、歩行者専用のトンネルがある。このトンネルの存在は、ロンドンの鉄道路線図にも載っている。その入口は、丸い赤レンガの建物で、階段とエレベータとがある。折角なのでエレベータのボタンを押して待ってみた。動いているのかどうかわからなかったが、ほどなくドアが開いて黒人のおばさんが降りてきた。入れ違いに乗り込む。

 かなり古いトンネルらしい。利用者はさほどいないが、時々人とすれちがう。ちょっと不気味な感じもするが、そこはイギリス、勿論、あちこちに監視カメラがあり、安全は常に監視されている。歩いて5分ぐらいだろうか、同じような造りの階段とエレベータがある。今度は階段を使ってみた。こちらもやはり同じような赤レンガの建物である。


e0028292_2424175.jpge0028292_2425367.jpg


 南岸に比べると、ここ北岸は、新興開発地という感じで、はるかに閑散としている。バス乗り場があり、いくつかの行き先があるが、人も少ない。しかし少し先には高層マンションがいくつもある。すぐそばにはBRの North Woolwich 駅がある。ここは行き止まりの終着駅で、ゾーン3に属する。


e0028292_2435039.jpge0028292_244044.jpg


 単線の小さな駅で、人が誰もおらず、窓口も閉まっている。おかしいなと思って見てみると、貼り紙があった。今、工事で運休中らしい。イギリスでは、こういう事は珍しくないが、折角の盲腸線に終点から乗れないのは残念である。というのも、実はこの線はこの最後の1駅だけが未乗車なので。こちらから行くと最初の駅、Silvertown は、やはり小さな駅だが、ロンドン・シティー空港まで歩いて5分とかからない場所にあり、以前に一度、そこから歩いて空港へのアクセスとして利用したことがある。あまり知られていないルートだが、知っている人は使っているようで、同じような歩行者がもう2人ぐらいいたように記憶している。
[PR]
# by railwaytrip | 2004-08-30 12:58 | イギリス

鹿児島本線・香椎駅

 博多駅で夕方、次の予定まで2時間ほど時間が余った。ふと思い立って鹿児島本線で3つ目の香椎に行ってみることにした。切符を買う。運賃は220円。本数は多いので、問題ない。それが、3駅かと思ったら、千早という新しい駅がいつの間にかできていて、4駅目になっていた。

 香椎といえば、今でも思い出すのが、松本清張の「点と線」なのだ。駅からそう遠くない海岸で死体が発見され、聞き込みの刑事が駅前の果物屋で、列車で降りた客について尋ねる。細かいことは忘れてしまったが、博多から近いのに乗降客も少ない田舎駅である香椎という所の描写が、印象に残っている。勿論、戦後間もない頃と今とでは全く変わっていることも承知している。

 現代のJR九州香椎駅。橋上駅ではなく、改札は西側にしかない。ホームや跨線橋などに、昔の汽車駅時代の面影も部分的に残っているが、駅舎は立派な駅ビルで、自動改札もあり、東京の郊外駅と何ら変わらない。駅前広場はあまり広くない。


e0028292_1351589.jpge0028292_136434.jpg


 駅前の通りをまっすぐ西へ歩くと、ほどなく右手に果物屋があった(写真右上)。これはひょっとしてその当時からあった果物屋だろうか。ちょっと感動してさらに歩を進めると、間もなく西鉄宮地岳線の踏切がある(写真左下)。西鉄香椎駅は、小説の印象だとここが駅前だが、そうではなく、少しばかり北へ行った先にあるようであった。さらに商店の散在する通りを3分ほど歩くと、大きな交差点に出る。南北の道路は交通が激しい。渡って先へ行くと、雰囲気が変わった。恐らく昔はここがもう海岸への入口だったのではないか。小説の記憶でも、駅から海岸はそんなに遠くなかった筈だ。


e0028292_1373157.jpge0028292_1374692.jpg


 細い住宅地をまた少し歩くと、川が合流する地点に出た。前方を高速道路がまたいでいる。その向こうは団地である。緑も多いが、これはやはり現代都市の光景で、死体の上がった寂しい漁村の情景は、全くない。何十年も経っているのだから当たり前ではあるが、この光景を確かめたことで、改めて「点と線」を再読してみたくなった。
[PR]
# by railwaytrip | 2003-10-08 16:47 | 九州・沖縄地方

肥薩線・吉松~人吉

 その昔から、日本三大車窓の一つとして知られている区間だが、今は極度のローカル線になってしまい、存続すら危ぶまれるという、肥薩線のこの区間。急行もなくなった今、地元のローカル利用は僅かで、あとは観光利用を増やして存続を図ろうとしているかに思われる。

 今回、その区間を吉松から人吉へと抜けてみることにした。吉都線からの接続はよく、一輛のワンマン気動車は吉松を発車。乗客は10人ほどで、観光客とおぼしき人が大半である。いかにも鉄道マニアといった感じの人はない。車輛は何と座席の一部をお座敷に改造してあり、観光客受けを狙っているのが露骨に感じられる。

 吉松から真幸までは、序奏という感じだ。吉松自体がある程度、高原のイメージの所にあり、そこからぐんぐんと登っていくと、本当の高原らしくなり、右手にはえびの市方面の平地の風景が広がる。そしてスウィッチバックの真幸に着く。乗降客はいないが、運転時分にも余裕があり、運転手が3分ほど停車するとアナウンスすると、乗客の大半が車外に出た。この駅のホームには鐘があり、母娘で乗っている旅行者が交代でそれを鳴らしに行ったりしていて、ほのぼのとしたローカル線旅行の雰囲気である。


e0028292_5354762.jpge0028292_536857.jpg


 真幸を過ぎるといよいよ高い所へと登っていく。飛行機からの眺めのように、下界の風景が遠く広がる。長い隧道をくぐると、次の矢岳。ここも2分ぐらいの停車時間がある。高齢者の女性3人組が乗ってきた。このあたりの住人で、人吉へ出かけるのであろう。昔のままの木造の古い駅舎が残っている。


e0028292_5363353.jpge0028292_5364953.jpg


 矢岳から人吉までの間には、ループ線がある。山野線が廃止された今日、九州唯一のループ線である。そのループの途中にスウィッチバックの大畑駅がある。ループ線もスウィッチバックも、勾配に弱い昔の鉄道に必須であったが、車輌の性能が上がった今日、時代遅れの遺物になりつつある。その両方が一度に味わえる日本で唯一の駅が大畑なのである。ループ線は、右へ右へと回り、回り終わる手前でバックしてスウィッチバックの大畑へ入る。ここも無人駅となって久しいが、地元の利用者が駅を大切にしているようで、案外荒れ果てていない。乗降客はなく、ここは停車駅も短かった。


e0028292_5371428.jpge0028292_5373558.jpg


 大畑からは下る一方で、さきほど通った筈の線路の下を隧道で抜け、その後もいくつか小さな隧道を抜け、人吉盆地へと下っていく。そして人吉盆地に入ると右から旧湯前線のくま川鉄道が寄り添ってくる。あちらには、相良藩願成寺という駅がある。湯前線時代は東人吉駅だった筈だが、随分と凝った名前に改称したものだ。こちら肥薩線は、元幹線だけあって、駅間距離が長く、こういった市内駅はない。そのまま並行して、人吉のホームへと滑り込んだ。数少なくなった急行が向かいのホームに停車しており、この列車の乗客も何人かは乗り換えたようである。

 それにしても、途中僅か3駅の区間が1時間もかかるとは、駅間距離が長いからか、列車の速度が遅いからか、恐らくその両方であろう。ここはもはや、スピードアップをしたところで、それだけでは生き残れない。雄大な景色を楽しむ観光路線としての活路を見出すしか、将来はないのであろうか。鉄道本来の輸送上の必要性が薄れているのは寂しい限りだが、今後も末永い存続を願ってやまない。
[PR]
# by railwaytrip | 2002-11-26 10:00 | 九州・沖縄地方