タグ:ループ線 ( 3 ) タグの人気記事

Biasca ~ Airolo

 スイスの鉄道路線図を見ると、ループ線が沢山ある。流石はアルプスを有する山岳国だ。ローカル線もあるが、幹線もある。日本でも、北陸本線の敦賀の手前に、特急が頻繁に行き交うループ線がある。かつては上越線の上り線もそうであったが、新幹線開通後はすっかり寂れてしまった。

e0028292_504749.jpg その中から一つ選んで乗ってみる。チューリッヒとイタリアのミラノを結ぶ幹線で、その南半分には、30分の間に4つものループを回ってくれる区間がある。その南側の駅、Biasca(ビアスカ)へやってきた。Biasca は、スイス南部のイタリア語圏にある小さな町だ。イタリア国境のChiasso(キアッソ)からLugano(ルガノ)を中心としたエリアの北端にあたり、ここまではSバーンも来ているという駅である。構内は広く、いかにもここから峠越えの険しい道を行く、という感じの駅である。恐らく昔は補助機関車が沢山たむろしていたのであろうが、詳しいことはわからない。雪がある程度積もっているものの、さほど深くない。

 乗るのはIRというリージョナル列車で、各駅停車ではないが、区間によってはそれに近い役割を担い、区間によっては快速か、急行に近い役割を担う列車で、ある程度の長距離客も利用することがある。この区間、日中は1時間に1本が綺麗な等間隔で走っている。トーマス・クックの地図を見ると、ここと次のFaido(ファイド)の間に2つ、FaidoとAirolo(アイロロ)の間にも2つ、ループがあり、くるくると回りながら峠を上っていく様子が、地図を見るだけでも想像つく。Biasca~Faidoが26kmで23分、Faido~Airoloが20kmで18分(停車時間含む)なので、表定速度は60キロを超えている、それなりの高速列車である。

 列車は機関車が客車8輛(うち荷物車1輛)を牽引する長い編成で、乗車率は2割程度と、空いている。お客も地元の人ばかりのようだ。隣のボックスのおじさんは、犬を連れている。何とも長閑な列車である。他の乗客は誰一人、一生懸命車窓を見たりはしていない。

e0028292_51726.jpg Biasca を出ると、しばらくは家も多いが、勾配を上っている感じはわかる。両側は山で、線路はその谷間を走っている感じだ。左は高速道路がまとわりついていて、汽車旅の風景の楽しみを半減させてくれている。今やこれはどこへ行っても仕方ないことである。ループはまだかまだかと心待ちにしているうちに、隧道に入り、右へ右へとカーヴが続くので、ここかなと思う。隧道を出ると、だいぶ高い所になり、左手下方に、今走ってきたに違いない複線の線路が見えた。少し行くとまた隧道に入り、また右へ右へとカーヴ。もう一回りして、さらに上ってきたのだが、今度の左下の景色は通ってきた線路がはっきり見えぬまま、まっすぐ先へと進む。その後は意外に直線に近い線路を快調に飛ばし、Faidoに停まる。小さな町で、乗降客も僅か。すぐ発車する。

e0028292_512462.jpg Faidoからも、同じようにしばらくは谷間を快走する。数分後、隧道に入り、今度は左回りのカーヴが続く。列車の編成が長いこともあり、カーヴが続いている感じは良くわかるのだが、今度はループの上からの下界は良く確認できなかった。少し直線が続き、今度はまた右回りのループである。こちらはループが終わりかける頃から隧道を出て、少し行くと左手に、今通ってきた線路がはっきりと見えた。道路が邪魔だが仕方ない。再び隧道に入り、出ると小さな駅があるが、通過する。この区間はこのIR列車が1時間に1本だけのはずで、それが通過する駅というのは、どういうことだろうか。朝夕のみの停車かもしれない。そして、その後も高速道路とつかず離れず、だいぶ上ってきたかな、と思う頃に、Airolo到着である。

e0028292_513849.jpg Airoloも小さな山峡の町で、乗降客は多くない。特に観光地でもなさそうだが、ホテルなどは見られる。雪はBiascaあたりに比べるとだいぶ深い。列車はこの先は長い隧道で峠を越えて、今度はループを回りながら下っていく筈である。この先も乗ってみたかったが、事情によりここで下車し、引き返す。冬の北国の短い陽は、谷間に早くも影を作っているが、見上げれば山の中腹から上は、雪山が青空に映えて美しい。
[PR]
by railwaytrip | 2008-01-06 14:30 | スイス

上越線・越後湯沢~水上

 越後湯沢8時05分発水上行普通列車は、東京ではもう殆ど見られなくなったという意味で、今や懐しいと言ってもよい、かつての国鉄の標準型近郊電車115系だ。5輛という比較的長い編成なのは、長岡始発で、途中で通勤通学時間帯にかかっているからであろう。越後湯沢でざっと見たところ、思ったより座席は埋まっている。しかし最後尾車輛までいくとガラガラであった。

 まだスキーシーズンであり、山にはかなりの雪が残っている。けれども朝の上り列車にスキー客らしき人はいない。学生を除くと用務客っぽい人が多く、中年の男性が多い気がする。観光客らしきグループも散見される。

e0028292_20325982.jpg 最初の停車駅は岩原スキー場前。駅名の通り、スキー場のために作られた駅で、当初は冬季だけの臨時駅であった。しかしその後、駅付近に湯沢高校が移転したため、年間を通じて営業するようになった。ここで早速、十数名の高校生が下車した。上越新幹線開通以来、このあたりには首都圏住民のセカンドハウス向けといった感じの高層マンションなども増えている。よって駅付近も結構賑やかな感じだが、一般の乗降客は殆どいない。

 ここを出ると、昔から岩原の大カーヴとして知られる大きなカーヴで、ぐるりとほぼ180度、向きを変える。このあたりはまだ田園地帯で、一見平坦に見えるが、この大カーヴも勾配緩和のためであろう。実際、気をつけていると、徐々に登っているのが感じられる。そして次が越後中里。ここまでは隧道もなかった。駅前がスキー場で、その昔、新幹線開通以前は、冬の間だけ特急も停車したりして、首都圏からのスキー客が多かった所だ。現在はローカル線化した上越線も、新潟県内はそれなりに地元住民の利用があり、ここがその南限、長岡方面からこの駅止まりの普通列車が何本かある。今はここも、昔と違ってマンションなどが目立つ町になっており、決して寂しい所ではないが、この列車での乗降客は皆無であった。

 越後中里を出ると、線路は川端康成の「雪国」以来、良く知られた険しい国境越えに挑む。この区間の日常的な流動はごく僅かだ。それでも新幹線開通前は、特急「とき」や急行「佐渡」が頻繁に行き交う大幹線であったが、今は夜行や貨物を除くと、普通列車が一日5往復するだけの、超ローカル線になっている。但しスキーシーズンの冬季だけ、季節列車が数往復加わる。撮影名所として知られた魚野川の鉄橋を渡ると人家も途切れ、こちら上り線は、隧道に入る。そして列車は右へ右へとひたすらカーヴする。そう、ここはループ線なのである。ループ線は上り線のみ2ヶ所ある。当初単線で開通した当時の上越線は、この上り線であり、現在の下り線は後からできたため、隧道が多く、ループにはなっていない。

e0028292_20334279.jpg ループ一周のカーヴが終わり、直線になっても、列車はしばらく隧道を出ない。出るとそこはもはや人家も全くない険しい山峡で、そんな所をしばらく走ると土樽に着く。駅裏に山荘があるだけで、一般の人家は見られない、寂しい駅だ。しかも、少し前までは小さなスキー場があったが、今は閉鎖されたそうだ。中央に、かつて特急の追い越しに使われた本線が通り、普通列車はホームのある待避線に入る。立派な駅で、駅舎もあるが、乗降客はいない。

 土樽を出ると、右手に慰霊碑が見える。これは清水隧道建設にあたり犠牲になった人たちを祀る碑である。当時としては大変な難工事だったに違いない。そして列車は清水隧道に入る。こちら、上り線は、最初に単線で開通した清水隧道であり、下り線はそれよりずっと長い、新清水隧道である。下り線は、湯檜曽・土合の両駅のホームが隧道の中にあるという面白い構造で、あちらはあちらで乗ってみると面白い。けれどもその分、景色の見える区間が少ない。山の景色をゆっくり楽しむなら、やはり上り線である。土樽~土合間は殆どが清水隧道であり、出た所が土合。立派な山小屋風の駅舎も、今は無人駅で、ここも乗降客はなかった。下り線ははるか下方の隧道の中を通っていて、下り線ホームまでは延々と階段を下りていかなければならないという、変わった構造の駅で知られる。


e0028292_2035211.jpge0028292_20351917.jpg


 土合を出ても隧道が多いが、2つ目の隧道を出ると右手には奥利根の渓谷と湯檜曽の温泉街が見えてくる。そして列車はループ線の上に出る。右手下方に湯檜曽駅を見下ろすことのできる箇所があり、この区間のハイライトだと思う(写真左下)。今、この景色に接する機会を持つ人はごく僅かだろう。しかしその昔は日々、首都圏と新潟を行き来する大勢の人がここを通っていた。逆に、湯檜曽駅で上り列車を待っていると、山の中腹を列車が通るのが見えて、それから3分ほどすると、その列車がホームに滑り込んでくるという、これまた面白い経験ができる。


e0028292_2036334.jpge0028292_20362223.jpg


 ここも右へ右へとカーヴを続け、ぐるりとループ線を一周する。最後の隧道を抜けると、さきほど見下ろした利根川を渡り、どことなく寂しげな温泉街を見ながら湯檜曽駅に滑り込む。ここも下り線は隧道の中なので、上り列車からは見えず、一見、単線ホームの駅のようだ。湯檜曽は、土樽や土合と違ってある程度の人家があるが、集落や温泉が駅と少し離れていることもあり、一日5往復だけになった上越線の普通列車を利用する人は少ないのだろう。かつては急行が一部停車した立派な湯檜曽駅も、今はやはり無人駅で、下車客はなく、若い男性が1人乗ってきただけであった。そして湯檜曽を過ぎてさらに谷を下り、幾度となく利根川を渡り、急に人家が増えてくると、終着駅水上に到着した。


e0028292_20364678.jpge0028292_2037256.jpg


 水上は言うまでもなく著名な温泉地である。しかし、新幹線に見離されて以来、以前の賑わいはなく、寂れてきているようだ。上り列車で降りた客の殆どは、跨線橋を渡って水上始発の高崎行普通列車に乗り継ぐようで、改札を出る客は少ない。駅前は土産物屋が並び、それなりに観光地の風情があるが、活気は感じられない。乗り換えの客を改めて良く見れば、若い女性のグループなど、都会風の若い人も多い。春休みだし、青春18切符の季節でもあるので、こうして鈍行を乗り継いで長距離を移動する人もいるのであろう。ということは、普段はもっと客が少ないに違いない。そう考えると上越線のこの区間は、貨物や夜行がなければ、横川~軽井沢と同様、廃線の憂き目に遭っていたかもしれない。今のところその心配は無さそうだが、遠い将来、ここはどうなるのだろう。日本全国でも第一級の車窓を有するこの区間、いつも新幹線にばかり乗っていないで、たまには時間を取って鈍行旅行を楽しんでいただきたい、と、多くの人に伝えたい区間である。

※ この区間は、中部地方(新潟県)と関東地方(群馬県)とにまたがりますが、新潟県側の方が若干距離が長いため、便宜上、中部地方のカテゴリーに分類しました。
[PR]
by railwaytrip | 2007-03-29 08:05 | 中部地方

肥薩線・吉松~人吉

 その昔から、日本三大車窓の一つとして知られている区間だが、今は極度のローカル線になってしまい、存続すら危ぶまれるという、肥薩線のこの区間。急行もなくなった今、地元のローカル利用は僅かで、あとは観光利用を増やして存続を図ろうとしているかに思われる。

 今回、その区間を吉松から人吉へと抜けてみることにした。吉都線からの接続はよく、一輛のワンマン気動車は吉松を発車。乗客は10人ほどで、観光客とおぼしき人が大半である。いかにも鉄道マニアといった感じの人はない。車輛は何と座席の一部をお座敷に改造してあり、観光客受けを狙っているのが露骨に感じられる。

 吉松から真幸までは、序奏という感じだ。吉松自体がある程度、高原のイメージの所にあり、そこからぐんぐんと登っていくと、本当の高原らしくなり、右手にはえびの市方面の平地の風景が広がる。そしてスウィッチバックの真幸に着く。乗降客はいないが、運転時分にも余裕があり、運転手が3分ほど停車するとアナウンスすると、乗客の大半が車外に出た。この駅のホームには鐘があり、母娘で乗っている旅行者が交代でそれを鳴らしに行ったりしていて、ほのぼのとしたローカル線旅行の雰囲気である。


e0028292_5354762.jpge0028292_536857.jpg


 真幸を過ぎるといよいよ高い所へと登っていく。飛行機からの眺めのように、下界の風景が遠く広がる。長い隧道をくぐると、次の矢岳。ここも2分ぐらいの停車時間がある。高齢者の女性3人組が乗ってきた。このあたりの住人で、人吉へ出かけるのであろう。昔のままの木造の古い駅舎が残っている。


e0028292_5363353.jpge0028292_5364953.jpg


 矢岳から人吉までの間には、ループ線がある。山野線が廃止された今日、九州唯一のループ線である。そのループの途中にスウィッチバックの大畑駅がある。ループ線もスウィッチバックも、勾配に弱い昔の鉄道に必須であったが、車輌の性能が上がった今日、時代遅れの遺物になりつつある。その両方が一度に味わえる日本で唯一の駅が大畑なのである。ループ線は、右へ右へと回り、回り終わる手前でバックしてスウィッチバックの大畑へ入る。ここも無人駅となって久しいが、地元の利用者が駅を大切にしているようで、案外荒れ果てていない。乗降客はなく、ここは停車駅も短かった。


e0028292_5371428.jpge0028292_5373558.jpg


 大畑からは下る一方で、さきほど通った筈の線路の下を隧道で抜け、その後もいくつか小さな隧道を抜け、人吉盆地へと下っていく。そして人吉盆地に入ると右から旧湯前線のくま川鉄道が寄り添ってくる。あちらには、相良藩願成寺という駅がある。湯前線時代は東人吉駅だった筈だが、随分と凝った名前に改称したものだ。こちら肥薩線は、元幹線だけあって、駅間距離が長く、こういった市内駅はない。そのまま並行して、人吉のホームへと滑り込んだ。数少なくなった急行が向かいのホームに停車しており、この列車の乗客も何人かは乗り換えたようである。

 それにしても、途中僅か3駅の区間が1時間もかかるとは、駅間距離が長いからか、列車の速度が遅いからか、恐らくその両方であろう。ここはもはや、スピードアップをしたところで、それだけでは生き残れない。雄大な景色を楽しむ観光路線としての活路を見出すしか、将来はないのであろうか。鉄道本来の輸送上の必要性が薄れているのは寂しい限りだが、今後も末永い存続を願ってやまない。
[PR]
by railwaytrip | 2002-11-26 10:00 | 九州・沖縄地方