人気ブログランキング |

タグ:駅 ( 13 ) タグの人気記事

東海道本線・辻堂駅

 東京都心で時間が3時間ほど空いた時、何をするか、どこへ行くか。選択肢は山ほどありそうで、意外と悩む。この日はふと思い立って東京駅から湘南電車に乗ってみた。昔ながらの湘南色の113系という車輛が余命いくばくもないと聞いたからでもある。それでどこまで行けるかというと、小田原はきついが、大磯あたりまでなら行って戻って来られそうだ。けれどもとんぼ返りの忙しいのもいやだと思い、辻堂で降りてみた。

 辻堂で降りるのは、多分20年ぶり以上だと思う。昔の記憶も殆ど残っていないのだが、橋上駅でなかったことは確かだ。当時は国鉄の駅らしい駅で、情緒のある駅舎があったと思う。つまり、川崎、横浜、大船、藤沢と、主要駅ばかりに停まってきた湘南電車が、ようやく普通の小駅に出会う、その最初の駅が辻堂というわけだ。子供の頃「東京から大阪まで全部の駅に降りて写真を撮りながら行きたい」とある大人に言ったら、「そんな事わざわざしなくても、辻堂の写真を撮っておけば、あとは皆似たようなものだ」と言われたことがある。勿論そんなはずはないが、辻堂とは、そういう乗り換えもない東海道本線の小駅の象徴、というイメージも少しあるのである。


e0028292_6442745.jpge0028292_6444347.jpg


 勿論、今日の辻堂は、もう少し先の大磯とか、早川、根府川あたりと較べても、相当に異なった、都会風の駅になってしまっている。立派な橋上駅で、駅周辺も高層マンションも多い。東京近郊のベッドタウンの数多い駅の一つに過ぎず、旅情を感じるには難がある。それでも、このあたりが湘南ですよ、と言われれば、意識すれば何となくそんな空気が漂っているかなあ、と思うが、その程度にまで、このあたりでは地域性というか個性が薄まってしまったと思う。


e0028292_645209.jpge0028292_6453172.jpg


 橋上駅を出て北口側は、駅前にえらく広い空き地があるが、ここは関東特殊製鋼の跡地だそうで、藤沢市が中心に再開発を進めているそうだ。南口が昔からの駅前で、古い商店も多少はあるが、概して最近の発展とともに進出してきたチェーン店や新しいモダンな店などが多く、これらも今の辻堂駅を没個性化しているには違いない。

 用もないのに久しぶりの辻堂に降り立って、それなりに感じることはあり、つまらなくはなかった。しかし旅としては、格別のこともなく、ましてここで旅情を感じるのはもう無理だと悟った。もう一生乗降しないかもしれないと思いながら、やってきた113系東京行きの客となった。
by railwaytrip | 2005-07-06 18:00 | 関東地方

North Woolwich Station

 テムズ川南岸のロンドン郊外、グリニッジより少し東にある、BRのWoolwich Arsenal 駅は、ロンドン郊外のゾーン4にあり、まあまあ賑わっているといった感じの駅だ。ここから、歩行者天国の商店街を抜けると、レジャーセンターなどのある河岸に出る。

e0028292_2411715.jpge0028292_2413075.jpg


 ここには、テムズ川の下をくぐって北岸に出る、歩行者専用のトンネルがある。このトンネルの存在は、ロンドンの鉄道路線図にも載っている。その入口は、丸い赤レンガの建物で、階段とエレベータとがある。折角なのでエレベータのボタンを押して待ってみた。動いているのかどうかわからなかったが、ほどなくドアが開いて黒人のおばさんが降りてきた。入れ違いに乗り込む。

 かなり古いトンネルらしい。利用者はさほどいないが、時々人とすれちがう。ちょっと不気味な感じもするが、そこはイギリス、勿論、あちこちに監視カメラがあり、安全は常に監視されている。歩いて5分ぐらいだろうか、同じような造りの階段とエレベータがある。今度は階段を使ってみた。こちらもやはり同じような赤レンガの建物である。


e0028292_2424175.jpge0028292_2425367.jpg


 南岸に比べると、ここ北岸は、新興開発地という感じで、はるかに閑散としている。バス乗り場があり、いくつかの行き先があるが、人も少ない。しかし少し先には高層マンションがいくつもある。すぐそばにはBRの North Woolwich 駅がある。ここは行き止まりの終着駅で、ゾーン3に属する。


e0028292_2435039.jpge0028292_244044.jpg


 単線の小さな駅で、人が誰もおらず、窓口も閉まっている。おかしいなと思って見てみると、貼り紙があった。今、工事で運休中らしい。イギリスでは、こういう事は珍しくないが、折角の盲腸線に終点から乗れないのは残念である。というのも、実はこの線はこの最後の1駅だけが未乗車なので。こちらから行くと最初の駅、Silvertown は、やはり小さな駅だが、ロンドン・シティー空港まで歩いて5分とかからない場所にあり、以前に一度、そこから歩いて空港へのアクセスとして利用したことがある。あまり知られていないルートだが、知っている人は使っているようで、同じような歩行者がもう2人ぐらいいたように記憶している。
by railwaytrip | 2004-08-30 12:58 | イギリス

鹿児島本線・香椎駅

 博多駅で夕方、次の予定まで2時間ほど時間が余った。ふと思い立って鹿児島本線で3つ目の香椎に行ってみることにした。切符を買う。運賃は220円。本数は多いので、問題ない。それが、3駅かと思ったら、千早という新しい駅がいつの間にかできていて、4駅目になっていた。

 香椎といえば、今でも思い出すのが、松本清張の「点と線」なのだ。駅からそう遠くない海岸で死体が発見され、聞き込みの刑事が駅前の果物屋で、列車で降りた客について尋ねる。細かいことは忘れてしまったが、博多から近いのに乗降客も少ない田舎駅である香椎という所の描写が、印象に残っている。勿論、戦後間もない頃と今とでは全く変わっていることも承知している。

 現代のJR九州香椎駅。橋上駅ではなく、改札は西側にしかない。ホームや跨線橋などに、昔の汽車駅時代の面影も部分的に残っているが、駅舎は立派な駅ビルで、自動改札もあり、東京の郊外駅と何ら変わらない。駅前広場はあまり広くない。


e0028292_1351589.jpge0028292_136434.jpg


 駅前の通りをまっすぐ西へ歩くと、ほどなく右手に果物屋があった(写真右上)。これはひょっとしてその当時からあった果物屋だろうか。ちょっと感動してさらに歩を進めると、間もなく西鉄宮地岳線の踏切がある(写真左下)。西鉄香椎駅は、小説の印象だとここが駅前だが、そうではなく、少しばかり北へ行った先にあるようであった。さらに商店の散在する通りを3分ほど歩くと、大きな交差点に出る。南北の道路は交通が激しい。渡って先へ行くと、雰囲気が変わった。恐らく昔はここがもう海岸への入口だったのではないか。小説の記憶でも、駅から海岸はそんなに遠くなかった筈だ。


e0028292_1373157.jpge0028292_1374692.jpg


 細い住宅地をまた少し歩くと、川が合流する地点に出た。前方を高速道路がまたいでいる。その向こうは団地である。緑も多いが、これはやはり現代都市の光景で、死体の上がった寂しい漁村の情景は、全くない。何十年も経っているのだから当たり前ではあるが、この光景を確かめたことで、改めて「点と線」を再読してみたくなった。
by railwaytrip | 2003-10-08 16:47 | 九州・沖縄地方